ニキビケア

ニキビケアには洗顔方法も大事

ニキビケアで大切なことは、肌をできるだけ清潔に保つことです。
ここで間違いやすいのは、衛生面重視で洗顔をしすぎるということです。
洗顔は大切ですが、洗いすぎは肌の必要なうるおいまで、過剰に落とすことになります。
そのため、肌を清潔にすることは重要ですが、洗顔剤を使用して、1日に何回も洗うのは、ニキビケアとしては、あまりオススメではない方法です。
体験としても、何回も洗って、逆に乾燥しました。

 

基本的に肌を清潔にするため、ニキビケアのためにも、洗顔は朝と夜の、1日に2回の回数で十分です。
ニキビ専用の洗顔フォームなども販売していますが、試しに使用してから取り入れるといいでしょう。
ニキビ対策にはなるものの、肌刺激が若干強めな成分が、配合されているケースが多いためです。
洗顔フォームを使用するのは、夜のみで構いません。朝は、適度なぬるま湯で、優しく肌を洗ってあげましょう。

 

ニキビケアで重要なポイントとして、洗顔方法があります。絶対に避けたいのが、肌のゴシゴシ荒いです。
肌にとっては摩擦が起こりますから、不要な刺激にしかなりません。ケアどころか、肌荒れが悪化してしまいます。
洗顔の基本は、ソフトに洗うということです。特に夜の洗顔では、洗顔フォームをよく泡立てて洗いましょう。
これは、ニキビが出来た時にも効果的でした。

 

ニキビケアで行いたいのは、洗顔フォームを思い切り泡立てた、泡洗顔の方法です。
泡立てネットを使うと、モコモコの泡が簡単につくることができて便利です。
手のひらで洗うのではなく、肌は泡立てた泡の弾力で、やさしく洗っていきます。
泡パックというのがありますが、ニキビ肌には刺激にもなりやすいので泡パックは控えたほうが良いでしょう。
全体を軽くマッサージするように洗い、ぬるま湯でしっかりと洗い流しましょう。
簡単な方法ですが、これを意識するだけでも、体験としてニキビへケアになっています。